好きなベルトを好きに使う

材質へのこだわり

時計のベルトの材質にこだわりがあります。何のこだわりかと言うと「皮のベルト」です。だいたい時計のベルトはバックルつきのステンレスやチタン等の軽く丈夫なシルバー素材です。最初は私もビジネス用に使っていましたが最近は皮のベルトに変えました。時計のベルトは簡単に変えられるので持っている時計のほとんどは皮のベルトに変えました。
まず何が皮のベルトが良いのかというと腕に馴染む感覚があるからです。手首に毎日つけるものですし毎日使っていれば皮の独特の使い込んだ皮の質感が出てきます。それが大好きで私も使い込んで良い皮の色合いに変わっていくのが身に付けていても分かるので楽しんで使っています。
友人にも皮のベルトをすすめているのですが、やはりデザイン性や買ったときのそのままのシルバー素材で使っていることがほとんどだそうであまり変える予定もなあそうです。
私は皮のベルトに替える良さとして他人との差別化にもなるので良いと思います。普段のビジネスにも使用しているので周りの人からは普通のビジネス時計とは見た目が違うので「その時計珍しい」ということから話題にもなりますし、私自身のことにもつながりますし良い部分もたくさんあります。

組み合わせ次第で自由に雰囲気を演出

新しい時計を購入したい、今持っている時計のベルトを交換したい、そんな時重要なのが時計のベルトの選び方です。時計のベルトと一言で表しても様々な種類のものがあります。一体どのように時計のベルトを選んだら良いのでしょうか。
時計のベルトの選び方として、まず最初にあげられるのがベルトの素材です。時計のベルトにも様々な種類があります。革製のもの、メタル製のもの、ラバータイプのもの、ナイロン製のものなど色々なタイプのものがあります。それぞれの素材にはメリットやデメリットがある他、好みの素材であるかどうか、また肌に合うか合わないかというのも重要になります。さらに時計のヘッドにベルトにその素材が合うかどうかも重要です。
またベルトの素材の他にも、ベルトのカラーもあります。例えば革製のものであっても、その色のバリエーションは豊富です。ビジネスで使用するときは落ち着いたもの、プライベートで使用するときは自分の好きなカラーを選ぶのも良いでしょう。また、時計のヘッドとの相性もあります。時計のヘッドと余りにも色も素材もかけ離れると、ベルト自体の主張が強くなりますが、これがプライベートで使用するなら個性的な時計にもなりえます。組み合わせ次第で時計の雰囲気は自在です。