素材に合わせたメンテナンス

オススメ記事

カテゴリ:ベルトの素材とデザイン

革とチタンの扱い方

革製腕時計のお手入れ方法 腕時計のベルトの素材は様々な種類があります。ステンレス、スチール、ゴム、皮等々。 その中で、革の腕時計をつけている人には、あることで困っている人がいるのではないで…

詳しくはこちら

カテゴリ:ベルトの素材とデザイン

好きなベルトを好きに使う

材質へのこだわり 時計のベルトの材質にこだわりがあります。何のこだわりかと言うと「皮のベルト」です。だいたい時計のベルトはバックルつきのステンレスやチタン等の軽く丈夫なシルバー素材です。最初…

詳しくはこちら

カテゴリ:時計ベルトの基礎

一般的なベルトの特徴

時計ベルトの種類と利便性 腕時計はお洒落のアイテムにもなりますし、単純に普段からの時間の確認にも使う事が出来ますが、今回はその腕時計のベルトの色々について紹介していきます。 まず、時計のベ…

詳しくはこちら

時計ベルトの素材と選び方について

腕時計を購入した時から付いている時計ベルトは月日を経ると傷んでくるのは仕方の無いことと言えます。それぞれの腕時計によって違いはありますが、通常では時計本体よりも時計ベルトの方が早く傷んでしまうことが多いようです。それに、時計ベルトはまだ使えても傷んでくると時計全体が格好悪くなることもあるので、早めに時計ベルトの交換をする人も少なくないようです。そして、最近のファンション性を重視した時計などでは、複数の時計ベルトを場面によって使い分けるという人も多くなっています。
交換したり、追加して購入する時計ベルトの素材は大きく分けると金属ベルト、皮革ベルト、その他のベルトとわけられます。最も多いのが皮革ベルトですが、金属ベルトよりも痛みやすいのも確かです。金属ベルトよりも柔らかな感じと暖かみがあることで人気が高くなっています。皮革ベルトは牛革、合成皮革、ワニ革などがありますが素材によってかなり価格に違いがあるので、時計のデザインを自分の好みとコストを考えて選ぶ必要があるでしょう。金属ベルトはデザイン優先ですが、時計によっては金属ベルトが付けられなこともあるようです。何よりも時計にデザインにあう時計ベルトを選ぶことが1番でしょう。

時計のベルトの洗い方

時計は他の小物よりも汚れやすく、それを放置するとかぶれや汗疹の原因にもなりかねません。
そこで、簡単にできる時計のベルトの洗い方について説明したいと思います。
まず最初に、腕時計のベルトは基本的に取り外しが可能ですので取り外しておきます。
腕時計のベルトの種類ですが、基本的に「金属」「皮革」「合成樹脂」があります。
このなかで比較的簡単に洗えるのが合成樹脂です。
合成樹脂系のベルトは、ぬるま湯に中性洗剤を溶かしたコップのなかに放り込み、棒か指でくるくると2、30秒ほど回してやれば安全に簡単に汚れが取れます。
注意点としては物理的な擦傷に弱いので、タオルなどでゴシゴシ拭かないことです。
次に金属ですが、これは部品と部品の隙間に汚れが溜まりやすいです。
基本的に中性洗剤とぬるま湯で洗いますが、金属ですので多少の衝撃には耐性があります。歯ブラシなどを使って、ゴシゴシと隙間の汚れまで綺麗に取りましょう。
最後に皮革ですが、これは慎重に取り扱う必要があります。
と言っても、基本的な洗い方はぬるま湯+中性洗剤です。ただし、洗い終わった後に洗剤が残らないようにしっかりと水洗いをしてください。また、水気を取るときもタオルで叩くようにして水気を吸い取るのがコツです。そして最後に革用クリームを塗っておきましょう。

長年愛用し続けられる皮革製品です。 クロコダイルもオーストリッチも厳選された素材を使用しています。 各店舗でのフェア・イベント情報もご覧いただけます。 当社は、顧客の期待を満足させるのは最高の素材と完璧な仕上げと考えています。 イセタン羽田ストアターミナル1、2や銀座三越店などにカミーユ・フォルネのCFコーナーがございます。 柔軟性の高い革の特性を十分に生かした時計ベルトを作っています。 時計のベルトをお探しなら